木川研究室

研究室では、映像制作や地域プロデュースを行っています。学生によっては映像に興味を持つ子もいれば、醤油に興味を持っている子もいます。

研究室では年に一度は短編映画を製作しています。

研究室メンバー

木川剛志

教授

1976年、京都市上京区上七軒界隈に生まれる。祖父は第一映画、新興京都や大映に属した美術制作の職人、木川義人。主な参画作品として溝口健二監督「浪華悲歌」(1935)や黒澤明「羅生門」(1950)、渡辺邦男「忠臣蔵」(1958)などがある。祖父の現場に通って木工に興味をもった父親が建築家業を始めたことから、建築に興味を持ちながら育つ。親の引っ越しに伴い、京都市立翔鸞小学校から大津市立富士見小学校に転校し、主に大津市で育つ。1992年洛南高等学校Ⅲ類入学。
1995年京都工芸繊維大学造形工学科入学。研究室は西村征一郎研究室に配属される。在学時よりアジアの建築、特にジェフリー・バワに興味を持ち、1995年3月に卒業後は4月からスリランカの設計事務所、Gruhasta、Suchith Mohotti Private AssociateなどにJunior Architectとして勤務する。日本に帰国後は中国の大連、アメリカのマイアミの設計事務所Beame Architectural Partnershipなどでインターンシップを重ね、2001年よりユニバーシティカレッジロンドンの建築学部、Architectural Advanced Courseの修士課程に入学し、Bill Hiller、Julienne Hanson、Alan Pennなどからスペース・シンタックスを学ぶ。帰国後、京都工芸繊維大学機能科学専攻博士後期課程に進み、2006年博士(工学)。
2006年より、福井工業大学経営情報学科講師となり、2010年よりデザイン学科メディアデザインコース准教授。福井市が主体となって福井駅前の地域活性化を目的としたアートイベント、フクイ夢アートの企画委員となり、多くの企画を実行する。2012年に福井市出身の俳優、津田寛治を監督として起用した映画「カタラズのまちで」のプロデューサーをつとめる。これをきっかけとして、自身も監督としての短編映画製作を始める。また、2014年1月から福井駅前に落語専門の寄席小屋、福井駅前寄席きたまえ亭を鳴尾健らと設立。年末の休館まで事務局長として運営する。
2015年4月から和歌山大学観光学部准教授。学生たちと短編映画を製作し、2017年に製作した「替わり目」が第9回商店街映画祭でグランプリと串田和美監督賞を取る。津田寛治を審査員長とした福井駅前短編映画祭を立ち上げ、実行委員会代表をつとめる。また、観光学の研究者として、観光映像の研究を進め、2018年3月に日本初となる観光映像に特化した日本国際観光映像祭(英名:Japan World's Tourism Film Festival)を立ち上げている。

大学院生

新井智大

大学院生(M1)

1997年5月27日生まれ。茨城県神栖市で生まれ、幼少期から高校生まで千葉県香取市で過ごす。
趣味は映画鑑賞、料理、サッカー観戦で、料理は学部時代から健康のことを考えて行うようになった。最近はアイスやお菓子といった甘いものが大好きなことからスイーツ作りにはまっている。サッカー観戦は国内、海外問わず好きであるが、特に地元から近い鹿島アントラーズが好きで応援している。
2011年に起こった東日本大震災で津波の恐ろしさを知り、津波防災に興味を持ったことから、2016年4月日本大学理工学部海洋建築工学科へ入学。小、中、高と家が遠かったため早起きに慣れていたが、大学ではすぐ近くに住んだことにより朝起きるのが苦手となる。在学時は、幅広く様々なことを学んだ。主に建築について学ぶとともに海洋に関することも学んだ。
海洋に関わる研究を行いたいと考えていたこともあり、研究室は海洋構造デザイン(惠藤浩朗)研究室に配属された。卒業論文は「東京湾における二枚貝浮遊幼生の沈降着底に関する基礎的研究」というテーマで、二枚貝のネットワークにおける幼生の浮遊経路の解明を目的として、海底に沈降着底し生存している二枚貝初期稚貝を採取し、その平面分布を把握するとともに、コホート解析を行い、残存稚貝の成長速度及び生存期間の推定を行った。2020年3月日本大学理工学部海洋建築工学科卒業。
学部時代に写真で見た世界遺産を実際に自分の目で見てみたいと思い、長期休暇を利用して約30ヵ国(東南アジアやヨーロッパなど)をバックパッカーで放浪。この経験から観光学に興味を持つ。2020年4月和歌山大学大学院観光学研究科博士前期課程入学。修士論文はタイのバンコクにあるカオサンエリアを対象に、バックパッカー・エンクレーブの空間構成と変容について研究をしようと考えている。

4回生

田邉美悠

4回生(研究室4期生)

岡山県出身。日本文化を愛し表千家茶道に入門している。大学ではよさこいサークルに所属し、衣装制作のリーダーを務めた。研究仮テーマは「旅館における文化的空間」。

北垣ひかり

4回生(研究室4期生)

関戸麻友

4回生(研究室4期生)

1998年生まれ。石川県小松市出身。
JR瀬戸内カレッジに参加した縁で地域の実践的な観光マネジメントを学ぶため地域DMOにインターンシップをし経験を積んだ。
日本国際観光映像祭やポルトガル観光映像祭ART&TURへの参加を通して観光映像に興味を持つようになり、観光映像の地域や社会への効果について研究する。

初鳥幸菜

4回生(研究室4期生)

藤原涼太郎

4回生

梅野 翔子
今村 未渉
河野 舞
田尾 日奈子
吉田 野の花

3回生

服部希歌

田中 遊野
栩野 竜基
服部 希歌
松尾 梨咲

OB

1期生(2017年度卒業)

鈴木聖也

卒業生(研究室1期生)

1995年、大阪府出身。高座名は「尻切れ亭とんぼ」。
あるときはマジシャン、あるときは落語家、あるときは占い師と多数の顔を持つ、世話焼きのムードメーカー。研究室のマスコット的存在である。
「新・タウンページ和歌山版×和歌山大学 共同研究」や学内フリーペーパー「EAT!」編集部など、学内外で様々なプロジェクトに参加。また、一期生として研究室企画にも数多く携わり、『Watch Your Life』では役者にも挑戦した。研究テーマは「クラウドファンディングが持つ地域イベントの持続の可能性について」。
2018年卒業。

東 佳菜子
荒見 友稀
大髙 聖吾
武内 芽生
濵端 美範

2期生

2期生(2018年度卒業)

川島拓

OB(研究室2期生)

1996年生まれ、和歌山県出身。
高校在学中に映像制作に出会い、撮影の魅力にハマる。和歌山大学観光学部に進学後、観光映像を軸にした研究を行う傍ら、自主制作映画やPVを中心にカメラマンとして活動。自身もhirakurumania.comにて作品を制作・公開している。
研究テーマは「インバウンド時代の観光映像の現状とこれから」。α7シリーズを愛用するソニーファン。

今村 未来

OB(研究室2期生)

1996年長崎市生まれ、4歳まで対馬で育つ。
趣味はインドカレー屋巡り、サービスエリア巡り、映画鑑賞。インドカレー専用のインスタグラムアカウントを持つ。金立SAのメロンパンがお気に入り。
研究テーマは「醬油の地域特性と観光コンテンツとしての可能性」。本研究室のゼミ長を務める。

倉貫滉平

OB(研究室2期生)

島田麻帆

OB(研究室2期生)

1997年生まれ、大阪府堺市出身。
中学校でカメラに触れ、以後は食べ歩きながら各地で趣味として写真を撮っている。和歌山大学観光学部に進学後、記念写真や旅行番組を軸にした研究を行いながら、幾つかの地域プロジェクトに関わった。
研究テーマは「記念写真の区分と写真文化の将来」。

萬野 晴奈

OB(研究室2期生)

3期生(2019年度卒業)

山本沙樹

OB(研究室3期生)

1998年3月31日生まれ。大阪市在住。
趣味は旅行でご当地グルメや食べ歩き目的が多く、その場所と食の繋がりを楽しんでいる。
2025年に行われる国際博覧会は開催地が家から近いこともあり、その経済効果や生活への影響に非常に興味がある。

林花穂

OB(研究室3期生)

藤村ゆめ

OB(研究室3期生)

矢野里紗

OB(研究室3期生)

1997年生まれ。大阪府堺市出身。
趣味は食べ歩き・うどん巡り・和歌山巡り。
和歌山大学に進学し和歌山や地域再生について興味深くなり
研究では絵本によるまちづくりをテーマとし絵本に関するかわいいイベントに参加するなどの取り組みを行なっている。

小橋 奈月